サイトを引越しました。
10秒後に自動的に新サイトに移行します。m(_ _)m
内容はここにあるものを原則残して、大幅に内容を追加しています。


引越し先
中性脂肪1000以上の人に!数ヶ月で約300下げた人の話





はじめに



あなたの将来はどっち???

安価で短期間に中性脂肪を300下げたり500下げた人の話を紹介しています。中性脂肪が下がらない人は圧倒的にこれが足りないのかもしれません。


  

この記事の目次



「この記事の目次」のリンクは、このページの下の位置にジャンプ(移動)するリンクです。右にある「目次・見出し一覧」リンクで、この目次部分に戻ってきます。



  

中性脂肪が1000以上の人の将来のリスク8つ



少し脅かす話になりますが、中性脂肪が1000以上のまま放っておくと、どうなるのか?ということを書いていきます。



正直、中性脂肪1000以上というのは、かなり危険な状態ではないか?と思います。(自分は医者ではないので、はっきりしたことは言えませんが)



下記のようなことになる前に、できるだけ早く対策を講じることをおすすめします。



「中性脂肪が1000以上の人がなる可能性のある病気」で怖いのは、脳梗塞、心筋梗塞


中性脂肪が高ければ必ずなる、というわけではなく、



その中の一部の人だとは思いますが、最も怖い病気が


脳梗塞・心筋梗塞



になります。



これがリスクの1つ目で、将来、これになったときのリスクをさらに7つ書いていきます。








まずは、脳梗塞、心筋梗塞を発症したら、亡くなる可能性があります。





半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)


なんとか死を免れたとしても半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)といった不便な生活を強いられることがあります。


半身麻痺・寝たきり・車椅子の図



車椅子なんかは、ちょっと段差があるだけでも転倒の恐怖がつきまといます。


車椅子の不便さ





引用元:街の中のユニバーサルデザイン 車いすとスロープ : Fujitsu Japan
http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/kids/ud/station-h1.html




当然、階段は登れません。(降りることもできません。)それどころか、ちょっとの段差も一苦労です。(転倒の恐怖がつきまといます。)



一人で外出もできませんし、家の中でも(一人で)2階に上がったりすることはできません。





まわりの家族の介護疲れ





脳梗塞・心筋梗塞を起こして、重い障害を持つと、まわりの家族が介護の苦労を強いられることになります。



あまりのきつさで介護疲れ、なんてことも起こりかねません。





経済的破綻


巨額の費用請求 ・ お金に困る2人 ・ 借金に苦しむ人の図


医療費や障害を持つことによる経済的負担も馬鹿になりません。車椅子なんかも結構な費用がかかります。



余裕をもって貯蓄していたはずなのに、いつのまにか財産がほとんどなくなっていた、なんてこともないわけではないのです。





もらえる年金は半分以下!?


亡くなる人が(働いている)旦那さんの場合に限りますが、もらえる年金が半分以下になることがあります。



旦那さんの健康とお金を天秤にかけるような言い方で嫌なのですが、切実な経済問題につながる場合もあるので、一応、書いておきます。



もしも旦那さんが早くに亡くなられた場合、


  • 国民年金は遺族年金としてもうらことになるけど、(旦那さんが生きている時にもらえる額の)半分以下
  • 厚生年金(会社で積み立てた年金)は0(もらえない)



ということが起こりえます。



これは会社にもよるので必ずこうなるとは言えないのですが、よくよく調べてみれば、もらえる額はこんなに減るものだった!!なんてこともあるわけです。



これも一つの大きな(経済的)リスクですから、「自分の場合、どうなるのか?」ということを調べておいても良いかと思います。





離婚





介護の苦労・経済的破綻に耐えられずに離婚を言い渡される、なんてこともないことではありません。








以上、かなり悲観的に書いてきましたが、中性脂肪が1000以上あると本当に「いつ脳や心臓の血管がつまるのか?」がわかりません。



ポイントとなる大きな分岐点は脳梗塞・心筋梗塞を発症させてしまうかどうか?ということになりますから、そうなる前に対策を施しましょう。



  

中性脂肪が1000以上の人はまず魚に含まれるDHA・EPAを摂る習慣を



中性脂肪が1000以上という数値は、すぐに改善する必要のある数値です。



このサイトでの結論を書いてしまいますが、すぐに魚を大量に摂取する習慣をつけましょう。



以下、


  • どんな魚を食べればいいのか?
  • どれくらい食べればいいのか?
  • 魚が苦手な人は、どうすればいいのか?



を体験談の紹介をまじえて書いていきます。



  

中性脂肪を約300下げた人と500下げた人の体験談



中性脂肪が1000以上ある人ではないのですが、短期間で300下げた人2人、500下げた人1人の話を紹介します。きっと中性脂肪が1000以上の人の参考になると思います。



魚の缶詰を食べ続けて中性脂肪を約1年で約300下げた人の話


この人は魚の缶詰を食べ続けて、中性脂肪を300以上下げています。


中性脂肪を400台から100台にまで下げた人の引用文


少量の晩酌を辞め 晩御飯を減らし 甘い物を減らし 毎日ウォーキングをしました。その甲斐あり67キロが59キロまで減りました。しかし、いくら頑張っても中性脂肪の値は200を切りませんでした。 担当の医師も「もっと減量しましょう」と一言だけでしたので もう駄目だと殆ど諦めてました。 (中略)量が多めのサンマやサバの缶詰を2日おきに食べました。すると本当にどんどん下がりました。中性脂肪去年413から今年は107です。



引用元:Yahoo知恵袋
「血液検査で中性脂肪値が去年の4倍で400近くありました。 実は自分、一年前から...」のベストアンサーに選ばれた回答 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13118137453;_ylt
=A7YWPRf0w3NUtXsAIiWNAPR7?pos=6&ccode=ofv



簡単にまとめますと



中性脂肪が413となる

少量の晩酌をやめる
晩御飯を減らす
甘いものを減らす
毎日ウォーキングをする

これで400台から200台になるが、そこから中々、中性脂肪が減らない

量が多めのサンマやサバの缶詰を2日おきに食べる

中性脂肪が200台から107にまで下がる



となります。



中性脂肪が200台から魚の缶詰を食べ始めているので、中性脂肪が1000以上の人との比較は難しいですが、中々下がらなかった中性脂肪が下がった、ということは、中性脂肪を下げる上で効果が大きかったのではないか?ということをうかがわせます。





サンマ弁当で中性脂肪を400台から80台に減らした人の話


サンマ弁当を週3回、3ヶ月食べて、中性脂肪が長年300台で下がらなかった人が、80台にまで下げた人の話です。リンク先で書かれていることを簡潔にまとめますと



中性脂肪が長年300ほどだった

運動をやっても中性脂肪が下がらない

ついに400を超える

サンマ弁当を9月から週3回食べ始める

12月の健康診断で正常値に戻る(期間:3ヶ月)



引用元:http://www.xn--18j7bm4i7a4488a0gay82khf5deza.biz/entry23.html



他に注意事項として、サンマが1匹丸ごと入ったサンマ弁当でないとダメな所です。



サケ弁当のような切り身では、量が少なくてダメだ、ということが書かれていました。





イマークSで中性脂肪を500下げた人の話


これは上記のサンマ弁当の人の同僚の方の話です。



この方だけ中性脂肪が1000以上だったので、中性脂肪が1000以上の人にとって一番参考になる話かもしれません。



あまり引用できませんが、一応書くと



同僚の人の中性脂肪が500下がったという話を聞く

元々いくらあったのか聞いたら1000以上(1500)あった

イマークSという飲料を飲んで下がった、ということを聞く



引用元:http://www.xn--18j7bm4i7a4488a0gay82khf5deza.biz/entry24.html



という内容です。「イマークSって、何だ??」と思われた方は、この記事の下の方をご覧ください。費用、1本あたりの分量など、イマークSについて詳しく説明しています。





  

中性脂肪1000以上の人の参考になるポイント



便宜上、体験談の人たちをそれぞれ「缶詰の人」「サンマ弁当の人」「イマークSの人」と呼び分けます。^^;)



この3人の方の体験談を読むと、


魚に含まれているDHA・EPAを大量?に摂取することは必要不可欠


のようだ、ということがわかります。



ちなみにDHA・EPAとは魚の油に含まれている血液をサラサラにする成分です。



厚生労働省は1日に1000mgの摂取を推奨しています。



缶詰の人とサンマ弁当の人は運動もやっており、食事も暴飲暴食をしていたわけではないのですが、中性脂肪がどうしても正常値に戻らなかった、と書かれています。



しかし、魚を摂取したら、すぐに正常値に戻ったので、中性脂肪が1000以上の人で、この数値に危機感を感じている人は、急いでやった方が良いでしょう。



  

中性脂肪が1000以上の人の改善方法5つ



以上の話をまとめた上で、DHA・EPAを大量に摂取する方法を書くと


  • 週3回以上、量が多めの青魚の缶詰を食べる
  • 毎日、もしくは2日に1本イマークSを飲む
  • サンマ1本分の青魚を毎日、もしくは週3回以上食べる



となり、さらに先に書きますが、魚臭さがなくてDHA・EPAの総量が500mg摂取できる


  • 「きなり」を摂取する



という方法があります。


さらに、どれか一つに絞らず、これらを複合させた


  • これらの食材、食品を複数購入して、その日の気分で食べたいもの(飲みたいもの)を選ぶ


という方法もあります。
  




イマークS



↓↓販売サイトの画像です。↓↓



中性脂肪が1000以上の人にイマークSをすすめる理由は以下の6つです。


  • イマークSは中性脂肪が平均20%低下したことが認められた実験結果がある
  • イマークSはトクホ(特定保健用食品)である
  • (トクホは本来、薬事法で禁止されている「健康における効果の表現」を法律で定められた範囲内で表記することができる)
  • トクホは20年で約1000件しか認定されていないが、その厳しい審査をクリアしている
  • つまり、中性脂肪が平均20%低下したデータも国は認定した、という信頼性がうかがえる
  • DHA・EPAの総量が860mgと圧倒的に多い



イマークSの分量、値段


イマークSは1本100mlです。コンビニなんかでよく見る「ウ○ンの力」とかと同じ分量です。



値段については、お試しセットと20本のセットで変わってきます。



お試しセット


初めての方で、1家族で1回の限定です。値段は


10本:1000円+消費税


です。



20本の定期購入


こちらの値段は公式サイトが一番安く、通常20本:6000円+消費税(1本税別で300円)のところ


20本:5000円+消費税(1本税別で250円)


で購入できます。



楽天やAmazonでは割引されず、20本購入するごとに、1000円+(1000円の消費税)分、安くなりますので、公式サイトの方がお得です。



また、解約も購入1回でできますし、飲みきれていないイマークSがたまってきたので、少し休止したい、ということもできますので、便利です。


↓↓イマークS公式サイトのQ&A↓↓
購入1回で解約OKの回答の画像


引用元:https://www.nissui-kenko.com/first/embarrasses02.html#q07


↓↓途中で休止OKの回答の画像↓↓


引用元:https://www.nissui-kenko.com/first/embarrasses02.html#q06









また、イマークSに関しては


  • どこで買ったら一番お得なのか?
  • 20本まとめ買いとか20本定期コースとかあるけど、どれが一番お得なのか?



といったことを全部まとめて一覧表にしました。






缶詰の値段とイマークSの値段の比較


イマークSは1本250円です。それに対して、缶詰は量によって変わってきて、少ないもので100円前後、多いもので200円から300円以上したりします。



上で紹介した人も「量が多めの缶詰」と書いていたので、200円以上はするものだと考えられます。(個人的には300円以上するものではないか?と思っています。)



ですから、コスト的には、イマークSとあまり変わりません。



  


きなり





こちらは缶詰の魚は苦手でとても食べられない、・・・という人におすすめするサプリメントです。



また、缶詰もイマークSも飽きた!!今日は肉料理が食べたい!!しかし、DHA・EPAも補給しておきたい!!という方に、補助としてオススメするサプリメントでもあります。


こちら(↓)からですと「きなり」が

定期購入 初回のみ:通常価格 5695円→1980円
定期購入 2回目以降:通常価格 5695円→3790円

となります。






参考までに自分が調べた多くのサプリメントのDHA・EPAの含有量を一覧表で紹介します。




その他の各サプリメントのDHA・EPA含有量 比較・一覧表




各サプリメントのDHA・EPA含有量 比較・一覧表  単位(mg)
   DHA EPA 1か月分
の価格
イマークS
(日本水産=ニッスイ)
260 600 定期購入:5000円
お試し:1000円(10日分)
きなり
(さくらの森)
450
1日4粒
50
1日4粒
定期購入:
(初回)1980円
(2回目以降)3790円
通常価格:5980円
DHA&EPA+セサミンEX
(サントリーウェルネス)
300
1日4粒
100
1日4粒
定期購入:4950円
通常価格:5500円
えがおのDHA&EPA
+アスタキサンチン
(えがお)
408
1日3粒
44
1日3粒
通常3100円
1ヵ月ごとの定期購入:2666円
3ヵ月ごとの定期購入:2542円
DHA・EPA&アスタキサンチン
(富士フイルム)
400
1日5粒
100
1日5粒
通常購入:5000円
定期購入:なし
2本まとめて9140円
3本まとめて12850円
DHA&EPA ex
(小林製薬)
約125
1日5粒
190
1日5粒
通常購入:2500円
定期購入:なし
DHA & EPA
味の素
300
1日4粒
100
1日4粒
通常購入:\2052
通常購入:(初回)500円
やずやの青魚の知恵
(やずや)
128
1日2粒
42
1日2粒
定期購入:\1800円
通常購入:\2000
健康家族のイチョウリーフ
(健康家族)
641
1日1粒
0 定期購入:1452円~1632円
通常購入:1814円(税込み)



  


A・E・Dクリルオイル


DHA・EPAは、含有量よりも吸収量の方が大事!!という主張をしているサプリメントが以下のA・E・Dクリルオイルです。






公式サイトから、gooヘルスケアにとぶと、イワシオイルとA・E・Dクリルオイルを飲んで比較した結果、脳の血流量が違った、というデータがあります。



中性脂肪を下げるためには、


  • 焼き魚にしろ
  • 魚の缶詰にしろ
  • イマークSにしろ
  • サプリメントにしろ



とにかく数ヶ月は続けることが必要になってきます。



早ければ1ヶ月で効果が出るかもしれませんが、3ヶ月は見ておきたい所です。



ですが、このA・E・Dクリルオイルは、お値段が少々(かなり?)高いので、購入することに「ためらい」が生じるかもしれません。


  • 魚・魚の缶詰を大量に食べる習慣は続かない
  • イマークSも続かない、もしくは効果が出ない
  • サプリメントも続かない、もしくは効果が出ない



となったときに試してみると良いかもしれません。








  

「DHA・EPAは、○○に効果があると認められる」と言っている厚生労働省の文章(画像)をコピペ



厚生労働省の報告書は探すのが面倒?^^;) なので、大事な部分だけ抜粋・引用しました。


厚生労働省の報告書紹介


厚生労働省では、以下のような報告書(レポート?)を公表しています。




引用元:PDF]3 脂質 - 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf
88ページ



文字が小さいかもしれないので、改めて重要な部分だけ書きますと


  • DHA摂取量が多い群で骨密度が高いことやEPA及びDHA摂取量が多い群で高齢者の認知能の悪化が少ない(ことが報告されている)
  • 冠動脈疾患だけでなく、脳梗塞、加齢黄斑変性症に対しても予防効果(とくにEPA、DHA)を示す可能性が高い
  • EPA及びDHA量を0.9g/日摂取している群で有意に、非致死性の心筋梗塞罹患の減少が認められている
  • 1g/日以上EPA及びDHA摂取量(魚で約90g/日以上)が望まれる  (1g = 1000mg)



となります。上記引用画像は、上記報告書の88ページ目にあります。(報告書では下にページがふってあります。)




  

中性脂肪が1000以上になる大きな理由7つ



中性脂肪が1000以上になる理由は、魚不足以外にいろいろとあります。



缶詰やイマークSをしっかり摂取しても、これらの習慣を改めないと、結果が出ないこともあります。



以下の中性脂肪が1000以上になる原因も少しずつ改善していきましょう。


  • 動物性の脂肪を多くとる
  • 揚げ物による油の摂取が多い
  • 糖質(炭水化物→ごはん、パンなど)の摂取が多い
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 運動不足
  • (DHA・EPAの不足)



  

脳梗塞の体験を4コマ漫画でわかりやすく解説しているサイト



中性脂肪が高いと血管を詰まらせる血栓ができやすくなり、その結果、脳梗塞を発症したりしてしまいます。しかし、「脳梗塞を発症」といっても、身近に脳梗塞をわずらった人がいないと、中々、ピンとこないものです。



脳梗塞をわずらった人がどんな苦労をするのか?をわかりやすく4コマ漫画で解説してくれているサイトがあったので、紹介します。


【4コマ漫画】〈脳〉梗塞とリハビリと時々わたし 第四回:急性期治療


この回は、脳梗塞で倒れ、原因となった血管をつまらせた血栓を溶かそうとするのですができない状態だった・・という話です。






引用元:【4コマ漫画】〈脳〉梗塞とリハビリと時々わたし 第四回:急性期治療
http://noriha.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/004-20cb.html



上記漫画を最初から読むと、「中性脂肪が1000以上もあるって怖いことかもな・・・」と思えるようになります。






以上、中性脂肪が1000以上の人に紹介したい中性脂肪を大きく下げた人の話、でした。



▲イマークS▲   ▲きなり▲   ▲クリルオイル▲
↑↑上ページのそれぞれの所に戻ります(スクロールします)。↑↑